高槻市クローズエクステリア

今日は、高槻市の施工中の現場のご紹介です。

先日ご紹介した、木調目隠しパネルの前に人工芝が張り終わりました。

 

↑ こんな感じです。

コイズミのポール灯が、夜になあると庭を照らします。

 

↑ 庭の隅には砂場があります。

隣の花壇も砂場になっていますが・・・(笑)

さっそく、泥団子を作って遊んでくれています。

花壇はユニソンのウォールドユーロというレンガです。

 

↑ タイル貼のテラスがL字型にあり、その前が人工芝です。

人工芝は小さなお子様が走り回っても安心です。

 

↑ テラスエッジというグレーチングを使っています。

これを使うことによって、外壁を傷つけずに床下の換気を確保し、

室内のフロアと段差のないタイル貼テラスが実現できます。

 

 

6月の花

昨夜はすごい雨と風と雷でしたね。

でも、昨夜の雨のおかげ(?)で今朝は、花がいきいきしていました。

通勤途中で見かけた花たちです。

 

↑ 6月の花と言えば、やはり紫陽花ですよね。

紫陽花の色が大好きです。

昔、大和郡山市に住んでいたことがあるのですが、近くに矢田寺という

お寺がありました。

矢田寺は「あじさい寺」と呼ばれているくらい様々な種類の紫陽花が植えられています。

初めて矢田寺の紫陽花を見たときは、かなり感動したのを覚えています。

 

↑ キンシバイです。

マンションの庭や公園で元気に咲いていますね。

濃い緑色の葉に鮮やかな黄色の花を見ると、「もうすぐ夏だな」と感じます。

 

 

 

↑ ランタナです。

和名は「七変化」というそうです。

花の色が徐々に変化するからでしょうね。

ランタナは花の咲いている時期が長い(春から秋まで咲きます)ので、人気があります。

日の当たる場所に植えてあげると、夏の暑さにも負けずにきれいな花を

咲かせてくれます。

 

そらガーデン

今日も引き続き、そらガーデンのご紹介です。(今日で終わりです)

今日は、下草や低木に注目です。

 

↑ ツボサンゴ(ヒューケラ)です。

 

↑ こちらは、ツボサンゴのキャラメルです。

ツボサンゴは葉色がいろいろあって、楽しめますね。

寄せ植えにおすすめですよ。

 

↑ エニシダです。

花の数はまだ少なかったです。

今から、たくさん花を咲かせそうでした。

 

↑ リシマキアです。

 

↑ 樹齢500年のオリーブの根元に植えられていたエゾヘビイチゴです。

花も実もかわいいですね。

 

↑ これは・・・何でしょうか?

チョコレート色の花、きれいだったのですが、名前がわかりません。

知っている方は、教えてください。

そらガーデン

一昨日の続きで、そらガーデンのご紹介です。

 

↑ スモークツリーです。ウルシ科の落葉樹です。

下の写真のスモークツリーロイヤルパープルは、葉色が人気です。

長野や北海道のイングリッシュガーデンには必ず(?)植えられている気がします。

 

↑ トックリランです。

室内の観葉植物としても人気です。

風水では、金運がUPするらしいですよ。

 

↑ リュウゼツランです。

数十年に1度しか花を咲かせないそうです。

見てみたいですね。

リュウゼツランはテキーラの原料です。

テキーラといえばかなり強いお酒ですが、「テキーラサンライズ」という

カクテルの色と名前が好きで、つい注文してしまいます(笑)

 

↑ スパニッシュモスです。

土がなくても育つエアプランツです。

最近、エアプランツ、人気ですよね。

インテリアショップでもよく見かけます。

スパニッシュモスの意味は、「スペインの苔」

納得できる名前ではありますが、かわいくないですね。

 

↑ 最後はクロホウシです。

光沢のある黒紫色の葉の多肉植物です。

こちらも、室内に置く観葉植物として人気です。

 

 

そらガーデン

先日、神戸の国際会館に用事があったので、

帰りに、国際会館の11階にある「そらガーデン」に行ってきました。

 

みなさん「プラントハンター」ってご存知ですか?

依頼された植物を求めて、世界中を飛び回っている人がいるんです。

私も「世界一受けたい授業」というテレビ番組で初めて知ったのですが、

そのプラントハンターの西畠清順さんがプロデュースしたのが、そらガーデンです。

 

↑ こちらが、樹齢500年のオリーブです。

そらガーデンのシンボルツリーとなっています。

このオリーブも、西畠さんがハントしてきたものです。

 

 

 

↑ その他にも、ブラシノキやフェイジョアやカシワバアジサイがきれいに

咲いていました。

そらガーデンには植物図鑑が置かれていて、そらガーデンの中のみで見ることが

できます。

私も植物図鑑片手に、のんびりと歩いて写真を撮ってきましたので、

続きはまた今度ご紹介させていただきます。