関西エクステリアフェア2017(宅配ボックス編)

一昨日に引き続き、関西エクステリアフェアのご紹介です。

今回よく目に留まったのは、宅配ボックスです。

各メーカーさんが様々な宅配ボックスを展示していました。

 

 

まずは、ナスタの宅配ボックス(左)とユニソンの宅配ボックス(右)です。

ナスタのものは、照明・インターホン・ポスト・宅配ボックスがセットになっている

機能門柱です。

一番の特徴は書留郵便が受け取れることだそうです。

受取可能な最大サイズはH460×W130×D350です。

こちらはスマートタイプですが、レギュラータイプとビッグタイプもあります。

ユニソンのものは、コルディアという商品で、木目が特徴です。

レザー調とマットカラーもあります。

こちらは据置き型ですが、スタンドタイプと壁面埋め込みタイプもあります。

 

 

KGY工業のポストと宅配ボックスのセットです。

こちらのメーカーさん、失礼ながら、今回エクステリアフェアに行くまで

知らなかったのですが、YKKのポスティモはこちらのメーカーさんの物だったようです。

 

 

パナソニックはコンボFという商品を新発売しました。

郵便物と宅配物を1台で受け取れる宅配ポストだそうです。

こんなにコンパクトで、右の写真のようなサイズのものまで受け取れるそうです。

 

各メーカーさんの宅配ボックス、売れ行きは好調らしいので、

少しづつでも、再配達を減らせるといいですね。

 

関西エクステリアフェア2017(企画展示編)

6月8日(木)、1年に一度の関西エクステリアフェアに行ってきました。

今日は、企画展示のご紹介です。

 

入口を入ると、最初に目に飛び込んできたのがこのお庭です。

うめきたガーデンの時にもご紹介した、今日本で一番有名な庭園デザイナーの

石原和幸さんが監修したものです。

 

↑ 枯山水みたいですね。

 

↑ アプローチはこんな感じです。

 

↑ やっぱり水もありました。

 

この庭のデザインコンセプトは

「365日の季節を感じてほしい。

庭の中に家を建てる。

その様な発想でデザインしました。

家と庭と書いて‘’家庭‘’

庭があることで会話が弾む。

そういった空間を造りました」

とのことです。

 

次回からは、各メーカーさんの新商品のご紹介をさせていただきますね。

 

 

 

高槻市クローズエクステリア

今日も、高槻市の施工中の現場のご紹介です。

 

↑ 吉田金物さんの門扉と機能門柱です。

かっこいいですね♪

門塀はRC造ですが、まだ塗装前です。

機能門柱の中に照明が仕込まれていて、夜になると、

機能門柱の左上のスリットと切り文字の表札が光ります。

(上の写真では、表札は消しています)

左の樹は、先日ご紹介したハイノキです。

こちらも根元にスポットライトがあります。

 

↑ カーポートのスポットライトです。

(カーポートは屋根を張る前ですね)

人感センサーが付いているので、必要な時だけ照らしてくれます。

 

 

↑ リクシルの「美彩」のポール灯とトランス電源です。

美彩は12V照明なので、AC100VをDC12Vに変換する必要があります。

トランスには明るさセンサー・タイマーが付いているので、

照明器具を一括制御できます。

美彩の特徴は、なんといってもそのコンパクトさです。

写真では、スケール感がわかりづらいかもしれませんが…。

例えば、上のポール灯は50mm角です。

今までの100V照明だと85mm〜120mm角でした。

美彩は、これからもラインナップが増えそうなので、注目の照明です。

高槻市クローズエクステリア

昨日に引き続き、高槻市の施工中現場のご紹介です。

 

↑ ユニソンのアッピアという商品です。

コンクリート製品なのですが、ヨーロッパの石畳のような雰囲気を出せます。

このお客様は庭に使用されていますが、アプローチにもおすすめです。

 

↑ リクシルのアーキレールです。

柱も笠木も四角なので、シンプルモダンの家によく合います。

 

↑ 三和シャッターのエレガノというシャッターです。

面の美しさが際立つシンプルでスタイリッシュなシャッターです。

こちらは木目調ですが、メタリック調も3色あります。

RC造の壁は、まだ塗装前です。

塗装後の写真も、またご紹介しますね。

 

↑ アイランドの沓脱石です。

御影石のように見えますが、コンクリート製品です。

モダンな住宅にもよく合う商品です。

 

↑ 最後は、オンリーワンのアクアルージュという立水栓です。

水栓柱の両隣に同じ色のカラーピラーを立ててデザインしています。

16色ものカラーバリエーションがあります。

 

 

高槻市エクローズクステリア

一昨日の高槻市の現場の続きです。

今日は、植栽のご紹介です。

 

↑ 植えられるのを待っている下草たち。

左手前から時計回りに、タマリュウ、アジュガ、フイリヤブラン、

ハツユキカズラ、ツボサンゴ(ヒューケラ)です。

 

↑ こんな感じに植えられました。

植えたときは、隙間が空いていて少しさみしい感じですが、

今から成長していい感じになっていきます。

樹木は、手前がオリーブで奥がシマトネリコです。

シマトネリコの根元には、スポットライトがあります。

リクシルの「美彩」という商品です。

 

↑ タマリュウはこちらに植えられました。

こちらは、和室の地窓から眺めるお庭です。

ナンテン、センリョウ、ベニシダ、ヤブコウジが植えられています。

 

↑ こちらは植えられたばかりのトキワヤマボウシです。

 

↑ こちらは、植えられるのを待っているハイノキです。

門の前に、シンボルツリーとして植えられる予定です。

後日、植えられた姿もご紹介させていただきますね。