芦屋市ガーデンリフォーム

今日は、先週お引渡しさせていただいた芦屋市のガーデンリフォームの

ご紹介です。ビフォーアフターで紹介させていただきます。

 

↑ リフォーム前です。

法面になっているので、有効な庭が狭くなっています。

生垣があるのですが、間が空きすぎていて目隠しにはなっていません。

 

↑ リフォーム後です。

化粧ブロックを積んで、庭のスペースを広げました。

目隠しパネルはF&Fのマイティウッドです。

ホワイトなので圧迫感がありません。

 

↑ 化粧ブロックはユニソンのカペラのイエローベージュです。

 

↑ コーナーから見るとこんな感じです。

120mmの板と45mmの板を20mmの隙間を空けて張っています。

ちょうどいい感じの目隠し具合ですね。

 

↑ 反対側から見たビフォー写真です。

 

↑ 生垣はこちら側に移植しました。

緑も残って、優しい感じに仕上がっています。

 

お庭(内側)のご紹介は次回にさせていただきますね。

 

尼崎市クローズエクステリア

今日は、先月お引渡しさせていただいた尼崎の現場のご紹介です。

 

↑ 工事途中の様子です。

重厚感ある石貼りの門塀です。

サビ御影石のコブ出しで、300mm×600mmの大きさです。

1枚で、17.8kgもあるんですよ。

 

↑ 仕上がりはこんな感じです。

門扉はリクシルのヴィアルクラシコ・トラッドというアルミ鋳物門扉です。

 

↑ 全景はこんな感じです。

オーバードアはリクシルのワイドオーバードアS3型です。

門廻り、高級感のある仕上がりとなっています。

 

梅雨の花

今日もシトシトと雨が降っています。

天気予報には傘マークが並んでいますね。

そんな梅雨空の下、元気に咲いている花をご紹介します。

 

↑ まずはアガパンサス。丈夫で育てやすい多年草です。

凛としていて気品がある花で、大好きです。

 

↑ ガーデンクリエイトの近くにあるマンションで

毎年いい香りを漂わせているクチナシです。

秋には実がなり、その実はターメリックやパプリカと並ぶ代表的着色用スパイスです。

たくあんの着色に利用されたりしています。

漢方では山梔子(サンシシ)と呼ばれ、解熱鎮痛剤として利用されているそうです。

ただ、庭木としてよく栽培されている八重咲のクチナシ(上の写真もそうですね)は、

花は豪華だけど、実はつけないそうです。

 

↑ アナベルです。

イングリッシュガーデンにはかかせない花ですね。

普通の紫陽花よりも育てやすいと、人気です。

咲き始めは緑で、だんだん白くなっていきます。

ドライフラワーとしても楽しめますよ。

 

 

関西エクステリアフェア2017(四国化成&美濃クラフト編)

関西エクステリアフェアのレポート最終です。

今日は、四国化成と美濃クラフトのご紹介です。

まずは四国化成の商品から。

 

↑ 新商品のマイポートオリジンというカーポートです。

柱が後ろにあるので前面道路が狭いときにいいですね。

運転が下手な私でも大丈夫そうです(笑)

 

↑ こちらはマイポートオリジンFXです。

間口方向(上の写真だと右方向)に500mmまで柱を移動できるそうです。

 

↑エクサクというゲートです。

柱のスリット部分はガラスになっていてLED照明で光らせることも出来ます。

 

次は美濃クラフトの商品です。

↑ 今回驚いたのは、この表札です。

36本のバラの花束のプロポーズ表札だそうです。

なんと、279,000円もします!!

 

↑ 昨年のエクステリアフェアで驚いたのがこの「伝説の聖剣」だったのですが、

なんと、100本も売れたそうですよ。

ちなみに、お値段156,000円です。

 

 

↑「守護の日本刀」や「賢者の杖」という新商品も出ていました。

美濃クラフトさんは、毎年驚かせてくれますね。

今回は、商品開発の方とお話しできておもしろかったです。

遊び心いっぱいですね。

 

↑ 最後はこれ!!「お庭探検隊」です。

「隊長のピンチ」と「はしごを登る隊員」です。

お庭にいかがでしょうか?

 

 

 

 

関西エクステリアフェア2017(YKK編)

今日は、関西エクステリアフェアのYKKapのご紹介です。

 

↑ 新商品のシャローネ門扉EB02型です。

 

↑ こちらはシャローネ門扉EB03型です。

鋳物門扉の新シリーズですが、トラディシオン門扉より少し高級志向で、

いいデザインそろってますね。

 

↑ こちらも新商品のルシアスウォールという機能門柱です。

こちらの商品は、夜のライトアップされたところがいいです。

気になる方はYKKさんのHPを見てくださいね。

 

↑ エクスティアラアーチです。

このような構造になっているんですね。とてもわかりやすいです。

 

↑ 昨年発売されたエクスティアラアーチですが、

今年はそのエクスティアラアーチ用の背の高い門扉が新発売されました。

エクスティアラアーチ、ガーデンクリエイトでも1件施工させていただきました。

やはり、高級感ある外構となっています。

後日、ご紹介したいと思っています。

 

↑ エクスティアラカーポートです。

庇が30cm出ていて、そこにダウンライトが埋め込めます。

こちらはシャッターありタイプですが、シャッターなしタイプもあります。

 

↑ 最後は、シンプレオ門扉です。

上の写真のように住宅の基礎が門扉の柱の邪魔になってくるとき、

袖FIXパネルがあれば大丈夫、という提案です。

 

明後日は、関西エクステリアフェアのレポート最後です。

最後は、四国化成&美濃クラフト編です。