ライアーレ

先日に引き続き、西宮市のバリアフリーリフォームのご紹介です。

 

 

 

 

このようにオープンします。

写真では左側が開いていますが、前回も書いた通り、右側も開きます。

スライディングゲートを開けて、スロープで玄関までアクセス出来ます。

 

最後に、反対側からの写真です。

バリアフリー仕様にするのにおすすめなライアーレのご紹介でした。

バリアフリーにリフォーム

今日は、バリアフリーにリフォームした現場のご紹介です。

 

まずは、ビフォー写真です。

門扉の下に段差があり、縁石もあるので、2段の段差があるような現状でした。

門扉から道路までは距離がないので、スロープには出来ません。

 

そこでこの駐車場の跳ね上げ門扉を撤去して、こちら側からアプローチすることを

考えました。

 

でも、ここにも段差があるので、これも解消しなければいけません。

 

まず、門塀の袖壁を撤去し、短く作り直して、アプローチ幅を確保します。

 

そして、玄関ポーチの一部をスロープにやり替えます。

タイルを貼って完成です。

袖壁も、塗り直しました。

 

そして、跳ね上げ門扉の代わりに設置したのがこれです。

2月27日と29日のブログでもご紹介した、三協アルミさんのスライディングゲート、

ライアーレです。

前回にも書きましたが、このライアーレの1番の特徴は、

左右どちらからでも開くことです。

この現場で言えば、車を入れるときは右側をオープンにして、

人が入るときは左側をオープン出来ます。

また、背が高いのに、とても軽く開閉出来るので、

力の弱い人や高齢者の方でも大丈夫です。

 

次回は、このライアーレが開く過程をご紹介します。

 

エレガントな外構(照明編)

2月10日と13日にご紹介した、西宮市のクローズ外構、

先日ご訪問した時、ちょうど夕方だったので、ライトアップした写真が撮れました。

 

それが、こちらです。

夜の顔もエレガントですね。

ジューンベリーはまだ葉っぱがないのですが、樹の根元には

草花を植えてくださっていて、素敵になりました。

シャッター枠の前も、植栽スペースを設けていたのですが、そこにも

草花を植えていただいています。

 

門廻りの写真です。

門扉の奥の花壇にも照明を設置しています。

家に帰ってきた人も、家の前を通る人も癒される明かりになっていると思います。

梅だより

先日の続きで甲東梅林です。

訪れたのは、もう10日以上前なので、今はもっと咲き進んでいるでしょうね。

家にいてばかりでは息が詰まるけど、人が多い場所や密閉された空間はだめなので、

梅の花を見に出掛けてみてはいかがでしょうか?

春の訪れを感じて、少し気分が明るくなるかもしれませんよ。

 

一重林州です。

一重ではない気もしますが、一重林州という名前なんですね。

 

玉垣です。

見事な枝垂れ梅ですね。

 

黒梅です。

 

千鳥です。

本当に、千鳥で花がついています。おもしろい!!

 

大盃です。

 

唐梅です。

 

藤牡丹枝垂れです。

 

緋の司です。

 

摩耶紅梅です。

八重桜のような花付きですね。

 

以上、今日は紅梅(とピンク梅)でした。

甲東梅林には、本当にたくさんの種類の梅の木があって、とても楽しかったです。

機会があったら、訪れてみてください。

 

 

 

 

 

梅だより

今日は、雨ですね。

昨日から学校は休校だし、天気は悪いし、気分が晴れません。

 

今日、お客様に「工事にコロナの影響はありますか?」と聞かれたのですが、

今のところ、一部の中国原産の石材の入荷遅延が起きているだけで、

ほとんど影響はありません。

なので、工期も予定通りです。

 

さて、10日程前ですが、甲東梅林に行ってきたので、今日は梅の写真をアップします。

早く日常が戻ることを願いつつ…。

 

白鳳(シロホウ)です。

 

白加賀です。

 

残雪枝垂です。

 

月影です。

 

そして、一番見事だったのは、この豊後です。

 

まだ3分咲き程でした。満開になったらすごいでしょうね。

 

メジロがいました。

 

みんながこのメジロを撮影していました。

飛び立つこともなく、ずっとモデルをしてくれていましたよ(笑)

 

今日は、白梅のご紹介でした。

次回は、紅梅をご紹介します。