西宮市オープンエクステリア

7日にご紹介した西宮市のオープン外構のご紹介の続きです。

 

駐車場部分は土間コンクリートで、タマリュウの草目地とピンコロ石の

ラインでデザインしました。

 

車止めはユニソンさんのミルドブリックを使っています。

駐車場の後ろは芝です。

(まだ張っている途中の写真ですね)

 

全体写真です。

建物はブラックで、木調ブラウンがアクセントになっています。

外構はナチュラルなベージュ系の石を多用し、ポストと宅配ボックスの

ブラックをアクセント色で使って、全体を引き締めています。

 

反対側からの写真です。

風致地区なので、樹木の必要本数が決まっています。

黒い建物に植栽の緑が映えて、きれいですね。

 

次回は、植栽のご紹介をします。

西宮市オープンエクステリア

今日は、先日お引渡しさせていただいた西宮市の外構のご紹介です。

 

自然石貼りの門柱です

宅配ボックスはパナソニックのコンボです。

 

足元にはリクシルの美彩のウォールバーライトを設置しています。

門壁が自然石貼りで凹凸があるので、ライトアップすると

陰影が出て素敵になります。

下草は、ハツユキカズラ・アジュガ・ツボサンゴ等です。

 

アプローチは自然石の乱貼りです。

門壁と同系色を使ってナチュラルに仕上げています。

手前の樹はオリーブです。

 

続きはまた明日ご紹介します。

シャッターリフォーム

先日から紹介させて頂いていますエクステリア

リフォームの現場です。

今回はフェンス、シャッター、門扉の紹介を

させて頂きます。

シャッターはLIXILシングルシャッターSFです。こちらの現場では

ブラックを使いました。1台用のシャッターです。LIXILの他の

商品とトータルコーディネイトが可能です。

門扉は幅・高さとも高めのサイズを使用する事により、中が見えに

くくなっています。こちらの商品はLIXILのライシス6型です。

デザインはシンプルですが、洗練された上質な印象を与えます。

 

 

 

角の植栽スペースは既存のままです。既存で利用できるものは

なるべく残して設計計画をしました。

フェンスはLIXILのプレスタ8型ですこちらもブラックにしまし

た。この部分は以前は高木で目隠しをされていましたが

手入れにも手がかかるとフェンスにモデルチェンジされました。

プレスタ8型は目隠し率100%です。通りからの視線をさえぎり

ます。シンプルなので、景観や住まいに馴染み、洗練された上品

でお洒落な印象をあたえます。

 

中からの様子です。新設した白の壁とLIXILの黒のコントラストが

引き締まったスタイリッシュな印象をあたえますね。既存の塀とも

うまくマッチしています。

門をくぐって、出迎えてくれる株立のシマトネリコは涼しげで

門廻りの印象を変えてくれる存在になってます。

デッキ・オーニング

先日、玄関前の階段のリフォームを紹介させて頂いてました

現場の続編です。

 

掃出し窓前のスペースを利用して樹脂製木調デッキのLIXIL樹ら楽

ステージを設置しました。掃出し窓前は駐車場から高低差があり

ますのでロング束柱を使っています。

ウッドデッキ周りのはLIXILデザイナーズパーツで作りました。

現場に合わせて高さや隙間の幅を調整出来るのでオリジナルの

フェンスが作ることが出来ます。

今回は掃出し窓を目隠ししたいという事でしたので隙間を狭くして

發気鮃發瓩棒瀋蠅靴泙靴拭

こちらはLIXILの多目的バー・簡易タープという商品です。

窓枠の上に簡易に取付られます。すだれやカーテンの感覚で簡単に

日よけとして使える簡易型アイテムです。取付簡単ですので

今年の酷暑を乗り切るには、と人気の商品になってきています。

簡易に取りつける事の出来るオーニング・

スタイルシェードという商品です。

カタログに掲載しています、この涼しげなストライプ

の生地は人気があるそうです。

オーニングは室内の温度上昇を抑制しますので

節電効果があります。

LIXILのオーニングの生地は有害な紫外線をカット

効果あるということです。

窓に取付けたり、独立型の施工も可能ですので

色々なシーンに活用できます。

階段のリフォーム

こちらはリフォーム前の状態です。

この部分は門側に駐車場に入るシャッターを取付け、

門の位置を変えて、階段のリフォームです。

順番にご紹介致します。

階段は狭くて上りが急で不便に感じておられたそうです。

駐車場は門側から入る様にリフォームしたいと思っておられ

ます。

幅が広くゆったりした階段になりました。

蹴上げを低くめに設定して上りやすくなりました。

勾配が緩やかなので踏面もゆっくりしています。

階段の縁がワントーン濃い色目のタイルを使っています。

色を変える事で階段の縁が分かりやすく踏み外し防止に

なっています。

既存の壁にも吹付してきれいになりました。

向かって左側の黒の手摺はLIXILのアーキレールです。

階段横にはレンガを積んで植栽スペースを作りました。

段差を利用して高い部分と低い部分に分けたので違った植栽を

楽しむ事も出来ますね。

門をくぐるとシンボルツリーのシマトネリコが爽やかな顔をして

出迎えてくれますね。