ビュースルーフェンス使用の外構

今日はタカショーさんのビュースルーフェンスを設置した

現場のご紹介です。

 

ビュースルーフェンスのセミフレームタイプです。

やっぱり、シンプルでかっこいいですね。

でも、高価なので、なかなか採用しいただけないのですが、

このお客様はビュースルーフェンスを気にいってくださり、

設置していただきました。

 

門側から見た全体写真です、

シンプルモダンな建物にビュースルーフェンスがマッチしています。

建物がアクセントに木調を使っているので、外構では、木調の角柱を

使いました。

写真左の2本の樹はシマトネリコ、右側はオリーブです。

 

アプローチの階段はタイル貼りです。

白いタイルと濃グレーのタイルでデザインしています。

門柱の前は自然石乱貼りです。

 

芝目地をリフォーム

先日お引渡しさせていただいた、芦屋市のリフォームのご紹介です。

 

まずは、ビフォー写真です。

石とコンクリートと芝目地で素敵にデザインされた駐車スペースなのですが、

芝の部分をなくしたいとのご要望でした。

実は、この芝目地をなくしたいという依頼、結構多いんです。

全部コンクリートだと味気ないので、芝目地をいれている駐車スペースが多いのですが、

目地部分の芝のお手入れはたいへんで、なんとかしてほしいと依頼を受けます。

 

もう1台分の駐車スペースもこのように目地が入っています。

また、向かって左側には植栽スペースがありますが、

ここも必要ないとのことでした。

 

そこで、芝の部分を取り除きました。

 

前面(道路側)は、ピンコロ石を敷き詰め、後ろの目地はコンクリートにしました。

植栽スペースにはワイヤーメッシュを敷きました。

 

もう1台の駐車スペース横の植栽スペースにはワイヤーメッシュをいれました。

 

こちらの目地と植栽スペースは全部コンクリートにします。

 

仕上がりはこのようになります。

カーポートとテラスも取り付けました。

カーポート・テラス屋根、共にリクシルのフーゴです。

 

奥のテラス屋根の下もコンクリートにしました。

洗濯物を干せるように竿掛けも設置し、お隣から洗濯物が見えないように

テラス屋根に前面パネルも設置しました。

 

このように目地部分は石を入れたり、コンクリートで埋めたり出来ます。

レンガを入れたこともあります。

芝目地をなんとかしたい、という方は一度ご相談ください。

 

 

ホワイトハウス

先日ご紹介した芦屋市のオープン外構の続きです。

 

タイル貼テラスの施工中です。

真ん中の部分だけ、タイルを斜め(45°)に貼ってデザインしています。

 

こんな感じに仕上がりました。

タイルはリクシルのコンテ兇任后

 


全体写真はこんな感じです。

白基調で、アクセントで黒が入っています。

シンプルできれいに仕上がりました。

 

門柱です。

このモール初めて使いましたが、とても素敵です。

ちなみにオンリーワンの商品です。

 

ホワイトハウス

先日の芦屋市のオープン外構のご紹介の続きです。

 

建物はこんな感じです。

 

門柱はサイドにも掘り込みを入れました。

隣地との境界はCBを吹付仕上げにし、アルミ鋳物フェンスを取り付けました。

三協アルミのファンセル7型です。

アルミ鋳物フェンスは高さ60cmの物が多く、80cmの物を探すのに

苦労しましたが、このフェンス、建物に合っていますよね。

 

カーポートは三協アルミのカムフィエースです。

屋根は熱線遮断ポリカのかすみです。

斜めから見ると水色できれいですね。

ホワイトハウス

今日は、もうすぐお引渡し予定の芦屋市のオープン外構の

ご紹介です。

 

アプローチのコンクリート下地です。

 

白の自然石乱貼りです。

アイランドのモダンホワイトです。

縁取りも同じくアイランドのモダンホワイトのピンコロで。

門柱のブロックが積みあがりました。

 

門柱のモルタル下地が出来ました。

 

門柱の出来上がりです。

前面と側面をニッチのように掘りこんでいます。

上部はモールを付けました。

奥様がどうしてもモールをつけたくて、こだわった門柱です。

(建物にもモールがついています)

門柱の前にはコルディリネを植栽しました。

 

この家、建物も外構も白を基調としています。

なので、周りから「ホワイトハウス」と呼ばれているそうです。

全体の写真は後日アップしますが、素敵なホワイトハウスですよ。