門廻り劇的リフォーム

昨日の続きで、芦屋市の外構リフォームのご紹介です。

 

エクスティアラアーチの枠組みが出来たら、ポストを取り付け、

下地を貼っていきます。

 

下地の完成です。

ポストとインターホンも設置されました。

 

シャッターの枠と同じ石を貼っていきます。

 

石を貼り終わりました。

次は門扉取付け・シャッター取付け等です。

続きはまた後日ご紹介します。

門廻り劇的リフォーム

10月11日にご紹介した芦屋市の外構リフォームの続きです。

駐車場のシャッターの為の枠が出来たところまでご紹介したので、

今日は、ファサード(門廻り)リフォームです。

 

こちらはビフォー写真です。

 

門扉も門壁も撤去しました。
仮設でインターホンとポストが設置されています。

 

いよいよ、YKKさんのエクスティアラアーチの取り付けです。

 

途中の写真がありませんでした(苦笑)

いきなり組み終わったところですみません。

 

エクスティアラアーチの下地(アルミ部分)の完成です。

この後、下地ボードを貼って、シャッター枠と同じ石貼りに

仕上げていきます。

続きはまた明日、ご紹介します。

北山緑化植物園の秋バラ

11月5日の北山緑化植物園のバラの紹介の続きです。

 

まずはピンクのバラ、わらべ歌です。

もちろん日本作出です。

優しい色合いですね。

 

次もピンクのバラ、ザフェアリーです。

まだ一輪しか咲いていませんが、満開になるとフェアリー(妖精)という

名前に納得がいくほどきれいです。

 

次は濃ピンクのバラ、イヴピアジェです。

豪華で気品のあるバラです。

スイスのジュエリーブランド「ピアジェ」の会長に捧げられた

バラだそうです。

 

ザンブラ’93です。

オレンジのようなピンクのような色合いがきれいなバラですね。

ザンブラとはスペイン語で「大騒ぎ」を意味するそうですが、

上品な色合いなので、なぜそのような名前がついたのか不思議です。

 

次は赤いバラ、ニコロパガニーニです。

イタリアの天才バイオリニストの名前が由来だそうです。

 

最後も赤いバラ、ブラックティーです。

こちらも日本作出だそうです。

四季咲きですが、秋のほうがきれいな色(濃い色)で咲くそうです。

 

タイル貼りテラスにリフォーム

一昨日の続きです。

 

インターロッキングが敷き終わりました。

タイルも2色使いだったので、インターロッキングも2色で敷きました。

手前の樹はトキワヤマボウシです。

緑を少しだけ残して、ローメンテナンスな庭の完成です。

 

テラス側から見た写真です。

左の樹はハナミズキです。

物置と照明は既存のものを設置しなおしました。

 

タイル貼テラスにリフォーム

今日は、10月22日にご紹介した庭リフォームの続きです。

 

前回、コンクリート下地が出来上がったところまでご紹介しました。

今からタイルを貼っていきます。

 

タイル貼りテラスの完成です。

縁と立上りのタイルだけ色を変えてデザインしました。

 

奥の掃き出し窓からの利用がメインですが、

手前の掃き出し窓からも出れるように、このような形状になっています。

 

タイル貼テラス以外の部分は、インターロッキング敷きになります。

写真は、下地の砕石を敷き終わったところです。

 

砕石の上に砂を敷いていきます。

 

完成写真は、次回ご紹介します。