関西エクステリアフェア〜タカショー〜

関西エクステリアフェア タカショーさんのブースです。

毎回、植栽アレンジにも力を入れておられます。

インドアガーデンにも人気のセダムを使った演出ですね。

 

ライティングや水の演出にも強いタカショーさんならではの演出です。

 

 

他メーカーとは一線を画する8亢化ガラス張りのガーデンルーム、

「オールグラスポーチ」。引き戸か折戸で開き、閉じると一枚ガラス

のようにクリアな外観です。

海外の建築雑誌に登場しそうな意匠です。扉はずっしり重さを感じながらも、

スムーズな開閉感覚でした。

パーゴラの全面パネルをアジアンリゾート風にアレンジ。

ルーバーなので、目隠しと風通しの両方を使い分けられます。

「ホームヤードルーフシステム 可動ルーバーフェンス」

もう一つ、タカショーさんといえば、和風素材。

こちらも植栽とのアレンジが素敵です。

次回も楽しみにしています。

 

関西エクステリアフェアレポート◆楚靴靴せ点擇螢僖優襪侶

人工木パネルでおなじみのF&Fさんのブースで面白いのを見つけました。
曲線パネルがこんなに自由に取り付けられる!
小松物産さんでは、幾何学模様的なアルミパネルの展示がありました。
春ごろに、3Dイメージのカタログをいただいて興味がありましたが、
実物を見て技術力の高さに驚嘆しました。
控えめなブースで素通りしそうでしたが、大きな可能性を秘めた展示でした。

INTEX大阪 関西エクステリアフェア2016レポート

今年も関西エクステリアフェアに行って参りました!
エクステリアメーカーさんの商品が一度に見られる、一年で二日間だけの
貴重な催しです。


トップバッターは、ブロック&レンガを多く取り扱っている「ユニソン」さんです。
植栽とデザインブロック・アルミ笠木の花壇が素敵です。

今年の一押しは、プレミオシリーズ。
W450×H140の横長規格のブロックに、石や木調のテクスチャーが張られています。
ブロックを積むだけで、石張りや木調の壁が出来上がります。






下のように、白いベンチのようにしても素敵ですね。

LIXILさんの新商品研修会に行ってきました

5月12日(木)にLIXILさんの新商品研修会に行ってきました。
今年も12V照明の「美彩」シリーズに力をいれているようです。



室内なのでわかりにくいのですが、右側のポール灯は鏡面仕上げになっていて、
植栽の中に設置するとポール部分に植栽が映り込んで、ポールが目立たなくなります。
また、直径45mmと、かなり小さなサイズになっています。



これは、スパイク型のフットライトです。
今まで、フットライトは壁に埋め込むものだったのですが、
これは壁際の土に挿し込んで設置します。
(壁面にネジで固定する壁付タイプのものもあります)
厚さ25mmなので、すっきりと納まりそうです。

他にも、気になった商品は、宅配ボックスのリンクスボックスです。
ホームネットワークシステムにつなげると、荷物が届いたときに、
スマートフォンにメッセージが届くそうです。
ホームネットワークシステムも新商品で、月々の契約料などを支払うことなく
屋内カメラや屋外カメラの映像をスマートフォンで確認できるシステムです。

その他、Gルーフポイントルーフのような大型商品は、
6月9日・10日に開催される関西エクステリアフェアで見ることができるようなので、楽しみです。

三協アルミさん春の新商品説明会に行ってきました。

飛行機を思わせる流線型の新カーポート「エアロシェード」!
「業界をあっと驚かせたい」という三協さんの思いから、GKデザイングループさんに
依頼してデザインコンセプトを得たという「かっこいいカーポート」。
三協さんお得意の模型展示を撮影しました。後方支持で2台・3台タイプ展開とのこと。
ただし、奥行きカットはできないんだとか。奥行き5.4m以上あるお家の方必見!

キャスティナ3型門扉。ランダムな桟がまるでアイアン作家もののようです。

ガーデンフロア・ラステラ。ウッドデッキではなく、
庭にフローリングを作るという発想です。
リゾートガーデンを作りたい方におすすめです。
色は先に写真の2色、秋にもう2色(ホワイト有!)の展開予定だそうです。

春の新商品のメインは実は↓これだそうです。アースブラウン色!
コスト面であきらめがちな木目調アルミに代わる自然との
親和性が高い色を開発されたとのこと。実物がないとお伝えしに
くいのですが、宝石のタイガーアイを思わせる色感です。
従来のブラウン色と比べて深みをもたせ、ギラつきを抑えたそうです。
INTEX大阪エクステリアフェア6月9・10日で実物が見れるそうです。
まだ未定ですが、私たちもどちらか1日、見学に参る予定です♪