リクシルのフリーウォール(完工編)

3月23日にご紹介させていただいた現場が完成しましたので、

ご紹介します。

 

フリーウォールを塗装して、仕上がりです。

 

反対側から見たところです。

かなり背が高い目隠し壁の出来上がりです。

 

アプローチはこのように仕上がりました。

 

正面から見るとこんな感じです。

シンプルモダンな建物に合った外構が出来上がりました。

街路樹のクスノキが無機質な建物と外構に潤いを与えています。

 

三協アルミのアルミス

今日は少し肌寒いですが、夙川の桜はきれいに咲いています。

しばらく寒いみたいなので、満開になるにはもう少しかかりそうですね。

 

今日は三協アルミさんの新商品のご紹介です。

3月18日のブログでYKKさんのアクセントパネルをご紹介したのですが、

三協さんもアクセントパネル出していました。

三協さん、気づいていなくてすみません。

「アルミス」という商品です。

 

「アルミス」はYKKさんの「シャローネアクセントパネル」より

サイズ展開が豊富なようです。

壁の横に取り付けるか、上のように独立で設置する設定です。

 

デザインは3種類で、色はブラックのみです。

 

このような商品はやはり、ライティングと一緒に提案したいですね。

袖壁に映る影が面白くて素敵です。

リクシルのフリーウォール

昨日までは暖かかったのに、今日は冬に逆戻りしたような寒さですね。

今日は、箕面市で施工中の現場のご紹介です。

 

現場で、何やら組み立てています。

何かわかりますか?

 

アルミの角材の上にボードを貼っています。

 

このようになります。

リクシルさんの「フリーウォール」という商品です。

まだ下地の状態ですね。

このあとこの現場では、建物2階と同じ白に塗装します。

タイルや石を貼ることもできます。

 

アプローチです。

フリーウォールが玄関前の目隠しになっています。

フリーウォールにプラスGの梁を接続して、ダウンライトを

埋め込んでいます。

 

コンクリートブロックでは、1.2mの高さを超えると3.4mピッチで

控え壁が必要になってきますし、控え壁があっても2.2mの高さまで、

という制限があります。

でも、このフリーウォールは2.4mの高さにできます。

もちろん控え壁もいりません。

このお客様は、高い壁をご希望だったので、フリーウォールを提案させて

いただきました。

 

完成写真は、また後日ご紹介しますね。

アクセントパネル

今日は、YKKさんの新商品のご紹介です。

 

シャローネのアクセントパネルです。

 

デザインは5種類、色は2種類あります。

門柱の横に使ってもいいですし、道路との境界塀のアクセントとして

使ってもいいですね。

今まで、オンリーワンの商品にしかこのようなパネルがなかったので、

新商品が出たのはうれしいです。

門柱の横にこれを取り付けるだけで、オリジナリティのあるデザインに

なりそうですね。

春に向けて

今日は、2年ほど前にガーデンクリエイトで外構工事を

させていただいたお客様のお庭のリフォームのご紹介です。

2年前は、外構工事だけで、お庭の工事はしませんでしたが、

リビングの窓から見えるお庭を素敵にしたいとご依頼がありました。

 

まず、リビングの窓の前にはアーチを立てました。

このアーチにはバラ(アンジェラ)が絡む予定です。

 

そして、こちらは、お隣様との目隠しも兼ねたラチスパネルです。

タカショーさんのプロラフィードパネルです。

樹脂製のパネルなので耐久性もいいですね。

ここには黄色のモッコウバラが絡む計画です。

 

レンガ積の立水栓です。

元々はプラスチック製の立水栓をハウスメーカーさんが設置していてくれて

いたのですが、せっかくお庭をリフォームするのだから、お庭に合う立水栓に

したいということで白いレンガ(ユニソンさんのウォールドユーロです)を

使って作りました。

 

今日は、低木・宿根草などを植える日だったので、

奥様と悩みながら、配置決めをしました。

今はまだ小さい苗ですが、暖かくなってきたらグングン成長すると思います。

素敵なお庭になるといいですね。