高級感あふれるクローズ外構(タイル貼り編)

先日の続きで堺市のクローズ外構のご紹介です。

 

擁壁の上に下地をし、ラインを2本入れました。

この裏(敷地側)は…。

 

こうなっています。

タイルはリクシル(INAX)さんのカイトです。

 

床はハイセラミックスのシャトーです。

このタイルは4種類のサイズがあるので、貼りパターン図(写真真ん中)を

見ながら貼っていきます。

 

このように貼られていきます。

壁はアクセント部分はタイル貼りで、それ以外は吹付仕上げです。

 

こちらは、玄関のアプローチ部分です。

タイルは同じくシャトーです。

 

外側は下の部分だけ平田タイルさんのサンクレイのピエロックという

タイルを貼っています。

 

上の部分を吹付しました。

吹付の色は建物の色に合わせています。

 

次回は、完成編です。

コメント