街を見晴らせるデッキ

今日は、バリ庭園…ではなく先日お引渡しさせていただいた

西宮市のリフォーム現場のご紹介です。

 

ビフォー写真です。

家の後ろ側が斜面になっていて、何も利用されていない状況でした。

上の写真ではわかりづらいですが、街を見晴らせる場所なのに、

もったいない現状でした。

 

そこで、樹脂デッキを取付けました。

勝手口から出て、ここは洗濯スペースです。

2本だけ長い柱がありますが、ここに物干し竿がかけられます。

樹脂デッキはLIXILさんの樹ら楽ステージ木彫、

フェンスはウッドパーティションの横ビームパネルです。

 

さらに上にデッキを作っています。

 

上のデッキから見るとこのようになっています。

 

斜面を利用して、2段のデッキです。

 

このステップを使って、1段目のデッキから2段目のデッキに上がります。

上がったところには井桁格子の開き戸を取付けました。

 

続きはまた次回ご紹介します。

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL