荒牧バラ公園

先日に引き続き荒牧バラ公園で咲いていたバラのご紹介です。

今日は、ピンク系です。

 

まずは聖火です。

東京オリンピック近づいてきましたね。

このバラは、1964年に東京オリンピックが開催されたときに、京成バラ園芸が

作出しました。

開花とともに白地のベースに赤みがかかってくるのですが、その花色が変化する様子は

東京オリンピックの聖火台の炎をイメージしたそうです。

 

花霞です。半八重咲のバラです。

咲き始めは淡いピンク色ですが、咲き進むにつれ、花びらの先から濃ピンクに色づきます。

 

早春です。

桜の花びらのような淡いピンク色で、優しい雰囲気のバラです。

 

ピエールドゥロンサールです。

クリーム色の大輪で、花の中心に向かう程ピンクになります。

花びらが多くてゴージャスなバラで、非常に人気のある品種です。

 

プリンセスドゥモナコです。

白地にピンクの美しい覆輪の優雅なバラです。

気品が漂うこのバラはモナコ公国の故グレイス王妃にささげられたバラです。

 

マチルダです。

白い花びらの先を淡いピンク色が縁取ります。

花びらの端がゆるく波打つので、とても愛らしい印象です。

花つきが抜群によく、春は株いっぱいに咲きます。

 

スパニッシュビューティーです。

やわらかにフリルがかかる花の形と、透き通るような花色。

香りも非常によい、つるバラです。

 

アンジェラです。

フェンスやアーチやオベリスクなど、さまざまな場所に誘引でき、

春には一面を花で覆いつくすほど、抜群の花つきのよさです。

 

最後はコーネリアです。

つぼみは赤みを帯びていますが、開花とともに杏ピンク色になります。

棘が少なめで枝は誘引しやすく、よく伸長するので、パーゴラやトンネル、

壁面など大きな構造物に適しています。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL