荒牧バラ公園

先日、伊丹市にある荒牧バラ公園に行ってきましたので、紹介します。

園内はバラが咲き誇っていて、香りもいいですし、多くの人が訪れていました。

外国の方も結構いらっしゃいました。

写真の撮り方(ポーズのとりかた)で、日本人じゃないってすぐにわかりますね(笑)

 

まずは、リオサンバです。

花の色が黄色からオレンジ色、ピンクに変化するので、1つの樹なのに

このように様々な色をしています。

華やかで、本当にリオのカーニバルのようですね。

 

次は、アンネフランクの思い出です。

こちらも花の色が咲き進むにつれて変化します。

咲き始めはオレンジ色の半八重咲きなのですが、赤やピンク味を帯びてきます。

アムステルダムにあるアンネ・フランクの隠れ家の庭から持ち帰った種子をもとに

改良され、アンネの父オットーに贈られたバラです。

 

次はモニカです。

目の覚めるような強いオレンジ色ですね。

花枝が長く、細かい棘が少ないので、切り花に向いています。

 

ブラスバンドです

波打つ花弁とくっきりとしたオレンジ色が印象的なバラです。

しっかりとした枝に房咲きで開花時期が長く、大輪で花持ちがとてもよいです。

 

最後は、万葉です。

アプリコット色が咲き進むにつれ色が濃くなりオレンジ色に近くなります。

「万葉」の名の通り、咲いている姿はクラシカルで和風でボタンに

少し似ています。

 

今日は、オレンジ系のバラをご紹介しました。

次は、ピンク系のバラです。

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL