神戸布引ハーブ園

今年の長いGW、私はほとんど西宮市内で過ごしていました(笑)

1日だけ神戸布引ハーブ園に足を運び、たくさんの花に癒されてきたので

ご紹介します。

 

まずはネモフィラです。

大阪舞洲で開催されているネモフィラ祭りに行きたいと思っていたのに

機会を逃していたのですが、ハーブ園でも見れました。

舞洲の100万株にはとうていかないませんが、ロープウェイからもわかるほど

たくさん咲いていました。

ネモフィラは北アメリカ原産の1年草で別名「Baby's Blue Eye」というそうです。

 

アジュガです。

このブログでも何回も紹介していますが、日陰で育ち、常緑で、

春になるとこのようなきれいな花を咲かせてくれる優秀な宿根草です。

 

チューリップもまだきれいに咲いていました。

 

クリムソンクローバーです。

花の形から「ストロベリーキャンドル」とも呼ばれます。

マメ科なので土壌を肥沃にしてくれるので、他の花と一緒に

寄せ植えにしてもいいですね。

 

セリンセマヨールです。

ヨーロッパ原産の1年草です。

花がすごくシックでかっこいいですね。

 

風の丘ではポットマリーゴールドが見頃を迎えていました。

こちらもヨーロッパ原産の1年草です。

 

風の丘など、園内のいろいろな場所にこのようなハンモックが置いてあって、

みんなくつろいでいました。

木陰で、花の香りに癒されながらハンモックに揺られてきました。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL