ウッドデッキ補修

今日は西宮市のウッドデッキ補修現場のご紹介です。

 

お電話をいただいて、現地を見に行かせていただくと、

このような状態でした。

 

よく見ると、デッキの床材自体は問題なく、土台が朽ちてしまったことが

原因だとわかりました。

床材と土台、違う木材が使われていたのです。

そこで、側面の板材を外して、土台をやりかえました。

 

そして、もう一度側面の板材を貼りなおしていきます。

 

完成です。

 

床もきれいに元通りです。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL