アートウォール

「高さ1.2mを超えるブロック塀には3.4mごとに控え壁が必要」

建築基準法でこう定められていることを、高槻市の小学生の事故で

知った、という人も多いのではないでしょうか。

ブロックは1ケの高さが20cmですので6段積までは控え壁の必要は

ありません。

でも、「目隠しの塀が欲しいんです」となると、目線の高さより高い塀が

必要になるので8〜9段は必要になってきます。

すると控え壁が必要になってきて、邪魔になります。

 

そんなときに使えるのが、四国化成さんの「アートウォール」です。

上の写真のように、高い塀も控え壁なしでできます。

何故かというと、この塀、アルミの骨組みとパネルで出来ているからです。

 

このように石貼りも出来ますし、スリットも開けれます。

万一、地震や台風で倒れたとしても、軽いので、重大な事故につながる

可能性が低くなります。

また高さは2.4mまで可能です。

(ブロック塀の場合は控え壁があっても2.2mまでしか出来ません)

 

高さ1.2mの塀の上にフェンスで目隠しする方法もありますが、

フェンスではなく塀がいい!!という人には、アートウォールおすすめです。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL