北山緑化植物園の秋バラ

11月5日の北山緑化植物園のバラの紹介の続きです。

 

まずはピンクのバラ、わらべ歌です。

もちろん日本作出です。

優しい色合いですね。

 

次もピンクのバラ、ザフェアリーです。

まだ一輪しか咲いていませんが、満開になるとフェアリー(妖精)という

名前に納得がいくほどきれいです。

 

次は濃ピンクのバラ、イヴピアジェです。

豪華で気品のあるバラです。

スイスのジュエリーブランド「ピアジェ」の会長に捧げられた

バラだそうです。

 

ザンブラ’93です。

オレンジのようなピンクのような色合いがきれいなバラですね。

ザンブラとはスペイン語で「大騒ぎ」を意味するそうですが、

上品な色合いなので、なぜそのような名前がついたのか不思議です。

 

次は赤いバラ、ニコロパガニーニです。

イタリアの天才バイオリニストの名前が由来だそうです。

 

最後も赤いバラ、ブラックティーです。

こちらも日本作出だそうです。

四季咲きですが、秋のほうがきれいな色(濃い色)で咲くそうです。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL