猛暑でも…

今日も暑いですね。

明日から、暑さが少しましになるとの天気予報ですが、どうでしょうか。

そんな猛暑のなか、元気に咲いている花のご紹介です。

 

カサブランカです。

背丈も高く大きな花で、存在感があります。

花嫁さんのブーケにもよく使われますね。

花言葉は「純粋」や「無垢」「祝福」などブライダルブーケにぴったりです。

 

プルーンパゴ(瑠璃茉莉)です。

南アフリカ原産の低木で、丈夫で育てやすく、花期も長いので人気があります。

夏にぴったりな涼しげな花の色もいいですね。

花がジャスミン(茉莉花)に似ていて、花の色が瑠璃色なので、

瑠璃茉莉(ルリマツリ)と名付けられたそうです。

私は、「プルーンパゴ」より「瑠璃茉莉」の呼び名のほうが好きです。

 

クリスマスブッシュです。

なぜ、クリスマス?今夏なのに…と思ったので調べてみました。

クリスマスブッシュは、南半球のオーストラリア原産で、オーストラリアでは

11〜1月が開花期で、夏のクリスマスの到来を告げる花として親しまれているそうです。

それを日本で栽培すると、やはり夏に咲くので、夏が開花期なのに

「クリスマスブッシュ」という名前なのです。

原産地では、高さ10m程に生長する常緑中高木ですが、

日本では鉢植えで出回っています。

赤く花のように見えるのはガクで、本当の花は白です。

花が終わった後、ガクが残り、赤く色付きます。

 

最後は珊瑚花(サンゴバナ)です。

ブラジル原産の常緑低木ですが、寒さに弱いので、冬は室内の

日当たりの良い場所で管理します。

英名は「フラミンゴプランツ」というそうです。

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL