シンガポール庭園視察

ガーデンズ・バイザベイに到着しました。

↑あれがかの有名なスーパーツリーなんですね。

↑まずはフラワードームから回ることに。入り口のワニベンチ。

↑入場すると、ずらりとならんだパネルが。近づくと花が咲きます。

↑ひんやり涼しい〜♪無柱の巨大ガラスドームは23℃〜25℃に設定

されていて、地中海気候・亜乾燥地帯・亜熱帯の植物がテーマごとに

展示されています。

↑オーストラリアン・ガーデン。日本人には新鮮な植栽感覚です。

↑お猿さんの枝のオブジェがほほえましい、南アフリカガーデン。

日本では珍しさから人気が高まっている花も多いです。

↑これが樹齢千年と言われているオリーブの木でしょうか…。

廻りにはおなじみのラベンダーやハーブ類が植えられていました。

↑カリフォルニアガーデンは奥の高い場所にあり、穴場スポット。

なぜか菜園がテーマになっていました。

↑物語性のある庭園なら、取り入れやすいですね。不思議の国のアリス。

↑ぷーさん。

↑シンガポールといば蘭王国!これは胡蝶蘭の木?

思わず1万円。2万円。…とカウントしてしまうのは日本人だけでしょうか?

↑蘭の品評会もされていました。種類が多くて目移りします。

↑通路も気を抜きません。アマリリスとヒューケラの花壇なんて、

思いつかない組み合わせです。日本の植物園と違うところは、訪れる

人種が多彩というところです。花が好きなのは世界共通ですね。

 

↑南国の熱い雰囲気がしますが、とっても涼しいです。不思議な感じ。

↑フラワーフェスティバルのキャラクターも展示されていました。

こちらはドリアンハウス。

↑マンゴスティンハウス。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL