シンガポール庭園視察

 

↓夜に到着した翌日、フラートンホテルの素晴らしい朝食ブュッフェをいただいてから、

対岸のガーデンズ・バイザベイまで右回りに徒歩で行くことにしました。

ホテルの前に本家のマーライオンが鎮座していらっしゃいましたので、撮影会をしました。

 

 

10数年前に訪れた時は正直、「世界三大がっかり名所」の一つと妙に納得して

しまいましたが、斬新なビル群に囲まれた今ではすばらしいスポットになって

います。朝早めだったので余裕で撮影ができましたが、午後になると観光客の

人だかりができてとてもゆっくり撮影できません。

↓本家マーライオンの背後にはタイル貼のミニマーライン。

マーライオンは全部で5匹兄弟?なんだそうです。

↓湾のぐるりにはボードウォークなど歩道が整備されていて、ホテルの前の

ボードウォークも通り抜けできました。オープンカフェになっていて、

ガーデン家具が配置されていましたが、どれも定価10万円は下らないと推測できます。

国によっては考えられない光景に、シンガポールの治安の良さがうかがえました。

(ちなみに、ガーデンクリエイトでもほぼ取り扱い可能な家具です♪)

↓整備された歩道を歩いているうちに、ガーデンズ・バイザベイ前の

マリナ ベイサンズが近づいてきました。でも近くに見えているのに、

歩くとなかなかたどり着けない印象で、

ホテルを出てから40分位でやっと到着しました。

 

↓ガーデンフェスティバルの看板も見えてきました。

↓マリナ ベイサンズ。弓なりになった三つの建物の上に船型の屋上庭園

(かの有名な天空のプールのある!)がまたがっています。

実物はやっぱり迫力が違いました…。

「ミッション・インポッシブル」の次作ロケ現場にしてほしいと

思ったのは私だけでしょうか?

この思いつきと実現力はいったいどこから来るのでしょうか?

↓ガーデンフェスティバルのキャラクターのハチさんがお出迎え。

 

次はいよいよガーデンズ・バイザベイにはいります!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL