ルシアスF04型フェンス

長かったGWが終わりましたね。

今日はちょっとやる気が出ない、という5月病のような人も

多いと思いますが、気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。

ガーデンクリエイトも今日からは普通に営業しています。

 

さて、先日ご紹介した、高槻市の現場のお庭のご紹介です。

 

まずは防草シートを敷いて、砕石を敷いたところです。

 

樹脂デッキと木調フェンスでおしゃれになりました。

樹脂デッキはリクシルさんの樹ら楽ステージ(クリエラスク色)で

木調フェンスはYKKさんのルシアスフェンスF04型(キャメルチーク色)です。

YKKさんのルシアスフェンスのFタイプは片面だけが木目調です。

写真はないのですが、この裏側はプラチナステン色です。

両面木目調のフェンスと比べるとリーズナブルなので、おすすめです。

カッシアとフラミア

GWも終盤に突入してきました。

今日もいい天気で、おでかけ日和ですね。

今日は、高槻市のオープン外構のご紹介です。

 

まずは施工中の1枚

門壁のコンクリートブロックを積み終わったところです。

宅配ボックス+ポストはユニソンさんのヴィコDB、「アニグレ」という色です。

 

仕上がりはこのようになりました。

石を貼って、足元にはリクシルさんの美彩「ウォールバーライト」を

設置しています。

夜の写真がないのが残念ですが、石の凹凸で陰影ができるので、

ライトアップすると素敵になります。

 

門壁の裏側はこのようになっています。

ポストも宅配ボックスも後ろから取り出すタイプです。

 

アプローチはユニソンさんのカッシアとフラミアを混ぜて敷いています。

石調のコンクリート舗装材です。

さらに色もアルテイエローとアルテベージュの2色をランダムに

混ぜて敷いているので、ナチュラルに仕上がっています。

門壁に天然石を使っているので、遠目で見ると、アプローチも

石敷のように見えます。

 

全体写真です。

今は車を使わないとのことで、右側は芝敷きになっています。

 

高槻市クローズ外構

今日は、高槻市の施工途中現場のご紹介です。

 

家の建築中の写真です。

既存の間知石や階段がある状態でした。

 

モルタル仕上げだった階段をタイル貼りにしました。

また、自転車を敷地内に上げたい、とのご要望でしたので、

30cm幅のスロープを作りました。

 

階段前にはLIXILの機能門柱ウィルモダンが取り付けられ、

引き戸が設置される予定です。

擁壁の上にはLIXILのプレスタ2型フェンスを付けました。

 

上から見るとこんな感じです。

お客様がもう入居されている場合、このように半分づつタイルを貼って、

アプローチを確保します。

同時に全部貼ってしまうと、家に入れなくなりますからね(笑)

 

階段から玄関ポーチまでのアプローチは100角のピンコロ石敷です。

上の写真は縁取りが終わったところですね。

全部敷き終わった写真はまた後日ご紹介させていただきます。

 

 

ライティング

以前にもご紹介させていただいた高槻市のクローズ外構の

ライトアップ写真を撮ってきましたので、ご紹介させていただきます。

 

↑ アプローチ部分にアッパーライトを2灯とハイノキの根元に

スポットライトを1灯入れています。

白い壁を照らすことで、優しい明りになっています。

 

↑ 機能門柱の中にもライトが仕込んであって、スリット部分が光ります。

本当は、インターホンの上が切り文字の表札となっているので、

その部分も光ります。

 

↑ 斜め上から見たところです。

照明はリクシルさんの美彩です。

最近、照明器具を目立たせずに、鉛直面(壁や樹木)を照らして、

演出することが流行っています。

リフォームでも、照明を替えるだけで、外構のイメージを

ガラッと変えることができますよ。

 

高槻市クローズエクテリア

今日は、以前ご紹介させていただいた、高槻市のクローズ外構の

吹付け仕上げ後のご紹介です。

 

↑ こちらが吹付け前です。

 

↑ 養生して、吹付けしています。

 

↑ きれいに仕上がりました。

 

↑ シャッターはこんな感じです。

勝手口門扉はリクシルのエルネクスです。

 

アプローチにはリクシルの美彩のアッパーライトが埋め込まれていて、

足元と壁をほんのり照らしてくれます。

 

門前のシンボルツリー、ハイノキです。

下草も植えられ、スポットライトも取り付けられました。