リッツカールトンバリ(夜景編)

今日、バリ島視察旅行の時の写真を整理していて、ふと思い出しました。

リッツカールトンバリのご紹介をしたときに「夜の風景もまた紹介しますね」

と書いていたのに、放ったらかしていたことを…。

今さら…ですが、リッツカールトンバリ・夜景編です。

 

 

チャペルと廊下です。

明るすぎず、上品な照明です。

間接照明が多いですね。

 

レストランの前の照明。かわいいデザインです。

 

ニッチがいっぱいです。

 

ロビーも落ち着いた明るさです。

 

そして、ロビーからホテル全体を見下ろした写真です。

この夜景「バリ島のホテルで一番!!」とも言われているそうです。

ラディソンブル・ウルワツ

先日の続き、ラディソンブル・ウルワツです。

いつまでたっても雨がやまないので、諦めて、雨の中散策しました。

 

 

通路を歩いて行って…階段を降りていきます。

黒を基調とした石と植栽がいい感じです。

 

プールの様子です。

プールの中に樹が植えられていて、いい天気ならリゾートムード満点なのでしょうが…。

 

プールサイドです。

 

建物も石貼り。

写真右側はキッズルームです。

 

 

通路は大判の石が敷かれています。

石貼りの柱もいいですね。

宿泊棟のデザインは、少しモダンな感じです。

 

カフェからの眺めです。

 

ウルワツのホテル2軒をご紹介しましたが、どちらも、モダンなバリのイメージでした。

日本人はあまり宿泊していなくて、子連れも少なそうでした。

ヌサドゥアやジンバランのように大型リゾートホテルはなく、静かにリゾートを

楽しむ大人のエリアでした。

 

これで、8月に行ったバリのホテル9軒、全部紹介が終わりました。

バリに滞在していたのは丸2日程だったので、本当に駆け足で見て回りました。

バリ庭園は日本人の感性にとても合っているので、バリ庭園ブームがいつか

くるかもしれないですね。

本物のバリ庭園をいくつも見たので、ガーデンクリエイトのスタッフ一同

バリ庭園の依頼をお待ちしております(笑)

 

ラディソンブル・ウルワツ

ついに、バリ島最後のホテルです。

先日のアナンタラ・ウルワツのお隣にあるラディソンブル・ウルワツです。

 

フロントに飾られていた花です。

リッツカールトンバリにも飾られていたチューベローズ(月下香)です。

後ろの提灯っぽいものは何でしょう?

 

天井はこんな感じです。

照明も素敵です。

 

アナンタラ・ウルワツの時に書きましたが、ラディソンブルウルワツに着くと

どしゃ降りの雨なっていました。

なので、一旦カフェで休憩です。

モダンだけどバリっぽい内装でした。

 

このカフェで飲んだライチティ、最高でした!!

右が紅茶を凍らせたもので左がライチジュースです。

下にちゃんとライチの実も沈んでいます。

このライチジュースを右のグラスに注ぐと…

 

こうなります。

上に浮いているのがライチの実です。

サーブのされ方がおしゃれだし、味も最高でした。

ラディソンブル・ウルワツに行かれる方はぜひ、飲んでください(笑)

 

そのカフェの前に広がっているのがこれです。

天気が悪いのでいまいちですが、夜になったらライトアップされて、

建物が水に浮かんでいるイメージになりそうです。

 

いつまで待っても雨がやまないので仕方なく、雨の中、敷地内を

歩き回りましたので、その様子は次回に。

アナンタラ・ウルワツ

先日に引き続き、ウルワツにあるアナンタラホテルのご紹介です。

 

このホテル、実は絶壁の上に建っています。

ウルワツ寺院も絶壁の上なので、ウルワツにあるホテルはみんなそうなんでしょうか?

ヌサドゥアのリッツカールトンやアプルバケンピンスキーも海に面していましたが、

ここはもっと崖の上に建っているイメージでした。

ロビーからは見えませんが、中に入っていくと上の写真のように海が見渡せます。

きっと夕日が最高にきれいに見えるんだと思います。

 

プールです。

海を下に見ながらプールサイドでのんびり…いいですね。

 

ここで、本を読むのもよさそうです。

 

教会です。

崖の上に張り出してます!!

天気が良ければ、もっときれいだったと思うのですが、

乾季のバリで、まさかの雨。

ガイドさんもこんな天気はないのに…と言ってました。

ざっと降ることはあってもこんなにずっと曇ってたりしないそうです。

しかも、この日ウルワツだけに雨が降ったようです。

ここのホテルの時はまだ良かったのですが、次に行ったラディソンブルウルワツでは

ずっと雨でした。

 

そういうことで、本当はもっと素晴らしいはずのアナンタラウルワツの魅力を

十分に伝えられない写真が続きます。

教会とフランジパニです。

 

教会の正面です。

この日も結婚式があるようで、準備が進められていました。

 

左はスパイダーリリーです。

右のカラーリーフ、素敵ですね。

 

照明もいいですね。

 

アーチがありました。

下の舗装は洗い出しのような感じでした。

 

ベンガルヤハズカズラです。

この時は名前がわからなくて、後で淡路島にある奇跡の星の植物館で

開催されていたトロピカルガーデンショーで判明しました。

10月5日のブログで、そのことに触れていて、バリで見たこの花はまた後日

…と書いていたのに2ヶ月もたってしまいました。

このようにアーチに絡められていました。

きれいな色の花ですよね。

 

最後に、人工芝です。

バリ島で人工芝初めて見ました。

確かにメンテナンスは楽ですが…自然な珊瑚石の上に人工芝って…??

アナンタラ・ウルワツ

今日は、8月に行ったバリ島の庭園紹介の続きです。

ついに残り2つになりました。

今日、ご紹介するのはウルワツという町にあるホテルです。

ウルワツはケチャダンスで有名なウルワツ寺院がある所で、

近年、高級ホテルがオープンしています。

ブルガリがプロデュースしたブルガリ・リゾート・バリもウルワツにあります。

ブルガリにも行ってみたかったのですが、宿泊者でないと入れないようなので、

アナンタラ・ウルワツに行って来ました。

 

11月11日にはスミニャックにあるアナンタラホテルをご紹介しましたが、

ウルワツのアナンタラのほうが大人のリゾート地という感じでした。

 

ホテル前のロータリーにはブーゲンビリアが咲いていました。

照明もかわいいですね。

 

入口はこのようになっています。

ん??バリっぽくない・・・と思ったのですが。

 

入っていくと、珊瑚石をふんだんに使っていて、素敵です。

バリっぽいけど、モダンなイメージです。

 

ニッチの中の彫刻もモダンな感じです。

 

このように照明が仕込まれています。

 

こちらのニッチの中の彫刻はこんな感じです。

 

壁泉もありました。

黒い石と珊瑚石と壁泉…バリの定番です。

 

珊瑚石にブーゲンビリア、映えますね。

 

部屋の入口はこんな感じです。

素敵ですね。

 

次回はアナンタラウルワツの続きです。