マンダパ・リッツカールトン・リザーブ

8月に訪れたバリ島ですが、まだ2つしかホテルを紹介していませんでした。

今日は3つ目、2015年にオープンしたマンダパ・リッツカールトン・リザーブの

ご紹介です。

 

1つ目のホテル、リッツカールトンバリと2つ目のホテル、アプルバケンピンスキー・バリは

ヌサドゥアという海に面した町のホテルでしたが、今日ご紹介するホテルは

ウブドという田園エリアにあります。

 

「えっ。こんなところにリッツカールトンがあるの?」と思うような

車1台しか通れない路地を通ると、この場所にでます。

咲いているのは・・・

 

そう、白いブーゲンビリアです。

ピンクのブーゲンビリアも南国っぽくて素敵ですが、白もいいですね。

このホテルは、白のブーゲンビリアがたくさん咲いていました。

 

フロントからの景色です。

ヌサドゥアのリッツカールトンはフロントに入ると目に飛び込んできたのは

海でしたが、ここは森です。

 

飾られているのは、稲です。

 

このホテルもフロントが1番上にあり、下にヴィラや宿泊棟があります。

周りは森に囲まれています。

写真の真ん中よりちょっと右上にある白い建物、何か気になりませんか?

レストランかなぁと思ったのですが…。

 

近づいてきました。

とても変わった形をしていますが…こちらは入り口ではありませんでした。

 

こちらが入口です。

黒板に書いてあるものを読むとその日のプログラムが書かれています。

この建物が何のための建物かわかりましたか?

正解は…キッズクラブです。

 

「子供たちにも五感で感じてほしい」というコンセプトのもと、

自然素材だけで作られていて、中にあるおもちゃも自然素材の物だけだそうです。

(子供がいないので入りづらく、のぞいただけでしたが)

 

敷地の中には田んぼもあって、眺めているだけで癒されそうでした。

今回は仕事なのでドタバタと見て回っただけですが、

いつかのんびりとこんなホテルに泊まってみたいですね。

 

 

 

 

 

アプルバケンピンスキー・バリ

今日も、引き続きバリ庭園のご紹介です。

 

アプルバケンピンスキー・バリのプールです。

ここはプールも広いですね。

誰も泳いでいませんが…やっぱりバリのプールはプールサイドで読書するために

あるのでしょうか?

 

宿泊棟です。

屋根のブーゲンビリアが素敵です。

 

まだオープンして半年の新しいホテルですが、この珊瑚石、

いい味わいを出していますね。

 

 

照明がこんな感じで設置されています。

マツバボタンに似ている植栽が植えられていました。

右写真の階段、すごいでしょ。

これを上がっていくと(もちろんがんばって上がりました)フロントに戻ります。

 

夜にはこれに火が灯されるようです。

 

水が多用されていますね。

 

階段を登りきった所からの景色です。

よく歩きました。

この日の歩行距離、スマホによると8.7kmでした。

 

廊下に飾られていました。

後ろは、また彫刻ですね。

黒い鉢に赤い花びら、きれいでした。

 

 

 

 

 

 

 

アプルバケンピンスキー・バリ

先日に引き続き、バリ庭園のご紹介です。

 

レストランです。

「カフェに行きたい」と言ってこのホテルに入り込んだ(?)のですが、

フロントからこのレストランまでずっと案内してくれました。

「怪しい人」にならないように、ちゃんとレストランに入って休憩しました。

バリ島はすごくセキュリティーが厳しく、一度同じようにして入ったホテルで

レストランに行かず庭の写真を撮っていたら、ガードマンのお兄さんに

ずっと監視されていました(苦笑)

 

水のゆらめきが天井に映って、とてもきれいでした。

 

このスムージー、とてもおいしかったです。

気付いたのですが、バリでは一度もプラスチックストローが出てきませんでした。

プラスチックストローをまだ使っているのは日本だけなのでしょうか?

ガーデンクリエイトでも、お客様に出す紅茶やジュースにはプラスチックストローを

使っています。曲がるストローのほうが飲みやすいので…。

でも、環境問題を考えて、小さなところから変えていかなきゃ、ですね。

 

レストランから見た景色です。

水があるとやはり癒されますね。

 

ここのホテルは、バリ島らしいけど斬新なデザインのホテルでした。

ここにも彫刻が。

 

 

教会です。

今まで見た海外の教会のなかで一番素敵だと思いました。

この教会もすごく斬新なのに、バリっぽさがありますよね。

右は正面から見た写真です。フランジパニの間を通り抜けていきます。

 

近くから見るとこうなっています。

リッツカールトンバリと同じように向こう側は海です。

 

この教会にも彫刻がありました。

白い石と彫刻、合いますね。

本当に素敵な教会でした。

アプルバケンピンスキー・バリ

バリ島の研修旅行の続きです。

今日は、アプルバケンピンスキーのご紹介です。

ケンピンスキーは日本にはないホテルなので、

私も最初は??だったのですが、ドイツの高級ホテルで

世界中に展開しているそうです。

アプルバケンピンスキー・バリは2019年2月にオープンしたばかりの

新しいホテルです。

 

入口です。

ここにもペンジョールが飾られていますね。

このアーチトンネルを抜けると…セキュリティチェックを受けます。

ここに泊まっているわけではないので、「カフェしたい」と言って入らせてもらいます。

 

アーチを抜けた先は、こうなっています。

建物の上の花はブーゲンビリアです。

 

アラジンの魔法のランプがいっぱい?

 

アーチの横にあった柱(?)です。

ここのホテルはバリの王宮をイメージしたデザインだそうです。

 

フロントです。

ものすごく天井が高くてびっくりしました。

ソファのサイズからこの天井の高さ、わかってもらえるでしょうか?

今までで見たどのホテルよりも天井が高かったと思います。

この彫刻もすごかったです。

 

そして、フロントからの景色です。

圧巻の景色ですね。

右側の建物(こちらも屋根にブーゲンビリアが植えられています)の

さらに右側に、先日ご紹介したリッツカールトンバリがあります。

そう!!お隣さんなんです。

なので、同じようにフロントが一番高いところにあって、

ホテルの敷地全体を見下ろすように作られています。

 

「カフェに行く」と言ってセキュリティチェックを通り抜けてきたので、

ここからカフェまで案内されました。

真ん中に見えている建物がカフェ(レストラン)です。

 

次回はこの下に降りて行った様子をご紹介します。

 

 

リッツカールトンバリ(花編)

今日はリッツカールトンバリの敷地内に咲いていたお花のご紹介です。

 

まずは、これ。フロントの近くに活けられていました。

チューベローズです。

インドネシアではセダップマラムというそうです。

日本では「月下香(げっかこう)」とも呼ばれるそうで、その名前の通り

夜になると香りが強くなる花です。

香水やエッシェンシャルオイルにも使われていて、バリ島のホテルや

レストランにはよくこのように置かれているようです。

 

この花は何でしょうか?

南国らしく色鮮やかな花ですね。

 

ブーゲンビリアです。

ブーゲンビリアには珊瑚石がよく合います。

 


スパイダーリリーです。

直訳すると「蜘蛛百合」ですね。

見た目からそういう名前になったそうで、納得はするのですが、

もっと素敵な名前をつけてあげて欲しかったですね(笑)

バリ島ではクリナンバクンというそうです。

 

マノリという花です。

これもバリ島での呼び名。

日本では見たことがない気がします。

 

最後はフランジパニ。

ハワイではプルメリアと呼ぶので日本でもプルメリアの名前でよく

知られていますが、英語名はフランジパニなので、オーストラリアや

インドネシアではフランジパニと呼びます。

バリ島ではバリ語でジュプンと呼ぶそうです。

バリ島には様々な色のジュプンが咲いていました。