タイル貼りテラスにリフォーム

一昨日ご紹介した駐車場リフォームの方の庭リフォームを

今日はご紹介です。

6月7日・8日・22日・7月18日の総集編です。

 

まずは通路部分のビフォー写真です。

飛び石になっていますが、その周りに雑草が生えて困るとのことでした。

 

緑の部分を少し残して、あとは石貼にしました。

 

 

庭部分のビフォー写真です。

 

部分的に植栽スペースを残して、それ以外はタイル貼りのテラスと

樹脂デッキにしました。

タイルを建物に対して45°で貼ることによって、植栽スペースも単調では

なくなります。

 

デッキ側から見た写真です。

樹木は、既存樹を剪定し残したものと、新植したものがあります。

 

宿根草やハーブも植えました。

 

庭から駐車場を見た感じです。

レンガ積花壇の花は1年草で、お客様に好きな花を育ててもらう

スペースになっています。

 

緑を残しつつ、ローメンテナンスにしたい、という依頼が

最近増えています。

「樹は1本もいらないから全部処分してください」という依頼も多いのですが、

できればこんな風に、手入れが楽で樹も草花も楽しめる庭がいいですね。

 

 

石貼りアプローチ

 

 

アプローチのリフォームです。

オンリーワンのクォーツキューブのアルビノキューブ

という石をモザイク貼り仕上げにしました。

色と形の違う石をモザイク状に貼り合わせる事で

美しく床面を彩ることが出来ます。

両脇は植栽スペースを設けて宿根草を植えました。

彩り豊かにお出迎えします。

 

ローメンテナンスな庭にリフォーム(完成編)

紹介していないメーカーがまだまだあるので、

関西エクステリアフェアのご報告は続くのですが、

今日は6月7日と8日のブログの続きで、現場のご紹介です。

 

前回、コンクリート下地をした写真まででしたが、このように

タイル貼りの庭になりました。

タイルの色を2色使ってデザインしています。

左の樹はトキワヤマボウシです。

ちょうど、きれいに咲いていますね。

 

シンボルツリーはシマトネリコです。

モミジは既存樹です。

 

掃き出し窓の前には樹脂デッキを設置し、お庭に出やすいように。

リクシルの樹ら楽ステージです。

 

反対側から見るとこんな感じです。

隣地との境界にはブロック塀があるのですが、あまりきれいではないので、

塀を隠すために、木調のパネルを取り付けました。

F&Fのマイティウッドです。

このパールホワイト色、お庭が明るくなるので人気の色です。

 

これで、ローメンテナンスなお庭の完成です。

この後、外構のリフォームもしていますので、そちらは後日ご紹介します。

ローメンテンナンスな庭にリフォーム

昨日の続きで、庭のリフォームのご紹介です。

 

型枠を組んだところです。

 

真ん中にも植栽をするので、そこにも型枠を組んで、

ワイヤーメッシュを敷いたところです。

 

コンクリート下地の完成です。

この後、タイル貼っていきます。

完成写真は後日またご紹介しますね。

 

今日は、年に1度の関西エクステリアフェアです。

各メーカーの新商品の勉強に、今から行って来ます。

その報告は明日のブログで。

 

ローメンテナンスな庭にリフォーム

今日は、施工中の庭のリフォームのご紹介です。

 

まずはビフォー写真です。

芝の手入れも樹木の手入れもたいへんなので、ローメンテナンスな

庭にリフォームしたいとのご要望でした。

 

そこで、残したい樹木以外は全て撤去し、芝生も撤去しました。

 

通路部分もこんな感じだったのですが…

 

飛び石も樹木も撤去しました。

 

土の状態に戻ったところで、リフォームの始まりです。

続きはまた明日。

 

 

1