街を見晴らせるデッキ(完工編)

今日は、先日ご紹介したデッキの完工編です。

 

下のデッキは完成して、上のデッキを組み立てているところです。

 

真横から見るとこのようになっています。

斜面をうまく利用しているのがわかると思います。

 

下のデッキは洗濯物干しスペースなのでフェンスは横ビームでしたが、

上のデッキはくつろぎのスペースなので、フェンスはアルミ鋳物の

ラフィーネフェンス3型です。

 

完成写真です。

街を見晴らせるデッキで、このチェアーに座って読書タイム。

素敵な時間が過ごせそうですね。

 

何も利用されていなかった斜面が有効活用されました。

街を見晴らせるデッキ

今日は、バリ庭園…ではなく先日お引渡しさせていただいた

西宮市のリフォーム現場のご紹介です。

 

ビフォー写真です。

家の後ろ側が斜面になっていて、何も利用されていない状況でした。

上の写真ではわかりづらいですが、街を見晴らせる場所なのに、

もったいない現状でした。

 

そこで、樹脂デッキを取付けました。

勝手口から出て、ここは洗濯スペースです。

2本だけ長い柱がありますが、ここに物干し竿がかけられます。

樹脂デッキはLIXILさんの樹ら楽ステージ木彫、

フェンスはウッドパーティションの横ビームパネルです。

 

さらに上にデッキを作っています。

 

上のデッキから見るとこのようになっています。

 

斜面を利用して、2段のデッキです。

 

このステップを使って、1段目のデッキから2段目のデッキに上がります。

上がったところには井桁格子の開き戸を取付けました。

 

続きはまた次回ご紹介します。

 

 

 

春の気配

朝晩は冷えますが、昼間は暖かい日が増えてきましたね。

冬がきらいな私は春が待ち遠しいです。

 

クリスマスローズがきれいに咲いていました。

我が家のクリスマスローズも気付けば咲いていました。

放ったらかしにしていても毎年ちゃんと花をつけてくれる優秀な宿根草です。

 

そしてミモザも咲き始めていました。

ミモザが満開になる暖かい春が楽しみですね。

ココマL字腰壁タイプ

今日は、1月30日のブログの続きです。

 

600×300のタイルを貼っていっています。

ニッタイのギムレーというタイルです。

 

玄関側はこんな感じです。

玄関ポーチに使用されていたタイルと同じタイルを使いました。

 

そして、ついにココマ供L字腰壁タイプの設置完了です。

(まだ正面パネルも側面パネルも入ってなくて、枠組みだけですが…)

腰壁のタイルは、建物と同じタイルを使って統一感を出しています。

 

下から見ると、建物とココマの一体感があって素敵です。

(タイル貼、まだ途中ですが…)

写真下の門柱も、以前施工させていただいたのですが、同じタイルを

使用しています。

ココマ兇隆粟写真、また後日アップします。

ウッドデッキ補修

今日は西宮市のウッドデッキ補修現場のご紹介です。

 

お電話をいただいて、現地を見に行かせていただくと、

このような状態でした。

 

よく見ると、デッキの床材自体は問題なく、土台が朽ちてしまったことが

原因だとわかりました。

床材と土台、違う木材が使われていたのです。

そこで、側面の板材を外して、土台をやりかえました。

 

そして、もう一度側面の板材を貼りなおしていきます。

 

完成です。

 

床もきれいに元通りです。