春に向けて

今日は、2年ほど前にガーデンクリエイトで外構工事を

させていただいたお客様のお庭のリフォームのご紹介です。

2年前は、外構工事だけで、お庭の工事はしませんでしたが、

リビングの窓から見えるお庭を素敵にしたいとご依頼がありました。

 

まず、リビングの窓の前にはアーチを立てました。

このアーチにはバラ(アンジェラ)が絡む予定です。

 

そして、こちらは、お隣様との目隠しも兼ねたラチスパネルです。

タカショーさんのプロラフィードパネルです。

樹脂製のパネルなので耐久性もいいですね。

ここには黄色のモッコウバラが絡む計画です。

 

レンガ積の立水栓です。

元々はプラスチック製の立水栓をハウスメーカーさんが設置していてくれて

いたのですが、せっかくお庭をリフォームするのだから、お庭に合う立水栓に

したいということで白いレンガ(ユニソンさんのウォールドユーロです)を

使って作りました。

 

今日は、低木・宿根草などを植える日だったので、

奥様と悩みながら、配置決めをしました。

今はまだ小さい苗ですが、暖かくなってきたらグングン成長すると思います。

素敵なお庭になるといいですね。

石貼の壁

今日は、芦屋市のガーデンリフォームのご紹介です。

何回か工事させていただいているお客様の再リフォームです。

 

ビフォー写真です。

バラがいっぱいの素敵なお庭です。

お庭に高低差があり、木の板で土留めしているのですが、

その板が老朽化してきたので、今回は土留めのご依頼です。

 

まず、ワイヤーを外しています。

 

ブロックを積んで、自然石を貼っていきます。

 

完成です。

自然な感じのお庭ですので、本物の石(しかもランダムな形の石)を

貼ることで、お庭の雰囲気を壊さないようにしました。

 

このように形も色もランダムな石です。

土留めの前にはこの後、花を植えていただくので、さらにお庭になじむと思います。

 

宿根草

昨年の6月30日と7月3日のブログでご紹介した

芦屋市のガーデンリフォームの現場の宿根草たちが育ったので、

ご紹介します。

 

昨年、工事後の写真です。

植えたときは、まだ少し寂しい感じですが、この後生長していくので、

これくらい間があいていないとダメです。

 

今年の写真です。

 

ツボサンゴ(ヒューケラ)です。

その向こう側はアベリアコンフェッティです。

 

ハツユキカズラとアジュガです。

 

昨年の写真と同じ角度からの写真です。

生長したのがわかりますね。

 

ラベンダーも咲いています。

芦屋市ココマ境

今日は、先日お引渡しした芦屋市のガーデンルームのご紹介です。

 

まずは、ビフォー写真です。

タイル貼りのテラスがあり、その周りは芝生でしたが、

芝の管理がたいへん、とのこと。

 

リクシルのガーデンルーム、ココマ兇旅壁タイプを設置することになりました。

腰壁部分は、コンクリートブロックです。

上の写真はモルタル下地を塗っているところです。

 

既存のタイル貼テラスを残し、広げることになりました。

 

腰壁部分にタイルを貼っています。

タイルはリクシルのセラヴィオです。

 

完成写真です。

 

芝部分はインターロッキング敷きにしました。

テラスに設置していた、照明は移設しました。

芦屋市ガーデンリフォーム(完工編)

昨日に引き続き、芦屋市のガーデンリフォームのご紹介です。

 

リビング前のビフォー写真です。

芝の間から雑草が生えることと水はけの悪さに困っているとのことでした。

 

下地コンクリートを打って、側溝を作りました。

 

こちらもタカショーのネットストーンで洗い出しにしました。

 

樹木を整理して、タマリュウを足元に植えて完成です。

冬なので樹木が少しさみしいですが、春になると素敵なお庭になりそうです。

「樹木は残しつつ、手間のかからないお庭に」というご要望の

ガーデンリフォームのご紹介でした。