ロイヤルビーチスミニャック

バリ島のホテル6つ目はロイヤルビーチスミニャックです。

先日ご紹介したアナンタラスミニャックのお隣のホテルです。

ここは何度か経営者が変わっているようで、少し古めのホテルでしたが、

バリらしく味わいのあるホテルでした。

 

 

敷石の感じも、積石の感じも、照明も、植栽もバリらしく素敵です。

 

鉄板焼きのレストランへの入口です。

 

 

プールそばのレストランです。

スミニャックのホテルは、ヌサドゥアやウブドのホテル程セキュリティが

厳しくなかったので、(ヌサドゥアのホテルでは、空港のような荷物検査がありました)

何も言わずに入ってきたら、警備員さんに目をつけられてしまい、警戒されたので、

この写真のレストランでお茶しました。

やっぱり、宿泊していない人がウロチョロして写真を撮りまくっていると

警戒されるようです(苦笑)

アナンタラスミニャック

今日は、バリ島のホテルの庭園紹介の続きです。

バリ島、5つ目のホテルは、スミニャックという町にある

アナンタラスミニャックです。

 

スミニャックは、ジンバランやヌサドゥアのようにリゾート地って

感じではなく、クタやレギャンのようににぎわっている街です。

なので、ホテルも街中にあって隣にはお店やレストランが並んでいます。

上の写真の階段を上がっていくと、フロントに着きますが、

これまでにご紹介したホテルのようにフロントから海や森が見渡せることもなく、

ちょっと、シティホテルの印象でした。

でも、このベージュっぽいサンゴ石はきれいでしたよ。

 

照明も素敵ですね。

 

宿泊棟はこのようになっています。

屋上にあるルーフトップバーが人気だそうです。

 

アナンタラホテルはタイを中心に展開している高級ホテルなのですが、

スミニャックにあるアナンタラホテルは、庭が狭かったし、

バリらしさも他のホテルに比べるとあまり感じませんでした。

ただ、目の前にはビーチが広がっていますし、全室スイートらしいですよ。

 

ウルワツにあるアナンタラホテルにも行ったので、

そちらも今度ご紹介します。

こだわりのガーデンルーム(完工編)

今日は、先日ご紹介した芦屋市のガーデンルームの完工編です。

 

このように仕上がりました。

腰壁のタイルは名古屋モザイクさんのオビスポとペトラソリス(一番上)を

使っています。

 

内部のフローリングは、こんなに素敵になりました。

ニッシンイクスさんのミモザという床材です。

 

反対側から見るとこのようになっています。

このオビスポというタイル、名古屋モザイクさんのカタログによると

「南米キューバの風土や気候までも映し出したかのような、

ハバナの歴史的建造物やコロニアル建築をイメージしたタイル」とのことです。

この写真を撮った日の天気が悪かったのが残念なのですが、

青空に映えそうなタイルですね。

ひと味違った、ココマの出来上がりです。

 

こだわりのガーデンルーム

今日は、芦屋市のガーデンルームのご紹介です。

とても、こだわりがあるお客様で、床材も壁のタイルもお客様の

ご提案で決まりました。

ひと味違う素敵なガーデンルームが出来上がりましたのでご覧ください。

 

まずはビフォー写真です。

広いお庭ですが、活用されていませんでした。

 

リクシルさんのココマ L字腰壁タイプを取付けます。

L字の腰壁の下地が出来たところです。

 

下地の土間コンクリートを打ち終わりました。

手前の砕石敷き部分にはウッドデッキがきます。

 

いよいよガーデンルームの取付けです。

 

ガーデンルームの内部の床はヘリンボーンのフローリングです。

 

かなり出来てきました。

 

デッキはリクシルさんの樹脂デッキ「樹ら楽ステージ木彫」です。

 

腰壁にはこのタイルを貼ります。

 

出来上がりは次回にご紹介します。

フォーシーズンズ・バリ・アット・サヤン

先日に引き続き、ウブドにあるフォーシーズンズのご紹介です。

 

下に降りて、建物を見るとこんな感じです。

右側がレストランやフロントがある建物で、左は宿泊棟です。

 

敷地内には畑もあります。

真ん中に見えるのは、バーです。

 

自然素材で作られていて、とてもおしゃれなバーです。

 

屋根はこうなっていて、照明も素敵です。

 

 

この階段を上がっていくと、先日ご紹介したレストランに着きます。

 

右の写真はニッチです。

夜、照明が付くときれいでしょうね。

 

これは、ビラの前にあった照明です。

トンボなので、ちょっと和風っぽいですね。

 

フォーシーズンズは、白の石を基調として使っています。

壁も床も白です。

バリ島ではグレーや黒の石を基調として使っているホテルのほうが多いと思うのですが、

ジンバランにあるフォーシーズンズもウブドにあるフォーシーズンズも

イメージは白でした。

 

この階段も白ですね。

右上に少し写っているのは、部屋の前にあるプライベートプールです。

この階段を通っている人から見えてしまうのはどうかと思いましたが、

みなさん気にせずにプールサイドで読書していました。

もちろん日本人ではありません(笑)