アプルバケンピンスキー・バリ

今日も、引き続きバリ庭園のご紹介です。

 

アプルバケンピンスキー・バリのプールです。

ここはプールも広いですね。

誰も泳いでいませんが…やっぱりバリのプールはプールサイドで読書するために

あるのでしょうか?

 

宿泊棟です。

屋根のブーゲンビリアが素敵です。

 

まだオープンして半年の新しいホテルですが、この珊瑚石、

いい味わいを出していますね。

 

 

照明がこんな感じで設置されています。

マツバボタンに似ている植栽が植えられていました。

右写真の階段、すごいでしょ。

これを上がっていくと(もちろんがんばって上がりました)フロントに戻ります。

 

夜にはこれに火が灯されるようです。

 

水が多用されていますね。

 

階段を登りきった所からの景色です。

よく歩きました。

この日の歩行距離、スマホによると8.7kmでした。

 

廊下に飾られていました。

後ろは、また彫刻ですね。

黒い鉢に赤い花びら、きれいでした。

 

 

 

 

 

 

 

アプルバケンピンスキー・バリ

先日に引き続き、バリ庭園のご紹介です。

 

レストランです。

「カフェに行きたい」と言ってこのホテルに入り込んだ(?)のですが、

フロントからこのレストランまでずっと案内してくれました。

「怪しい人」にならないように、ちゃんとレストランに入って休憩しました。

バリ島はすごくセキュリティーが厳しく、一度同じようにして入ったホテルで

レストランに行かず庭の写真を撮っていたら、ガードマンのお兄さんに

ずっと監視されていました(苦笑)

 

水のゆらめきが天井に映って、とてもきれいでした。

 

このスムージー、とてもおいしかったです。

気付いたのですが、バリでは一度もプラスチックストローが出てきませんでした。

プラスチックストローをまだ使っているのは日本だけなのでしょうか?

ガーデンクリエイトでも、お客様に出す紅茶やジュースにはプラスチックストローを

使っています。曲がるストローのほうが飲みやすいので…。

でも、環境問題を考えて、小さなところから変えていかなきゃ、ですね。

 

レストランから見た景色です。

水があるとやはり癒されますね。

 

ここのホテルは、バリ島らしいけど斬新なデザインのホテルでした。

ここにも彫刻が。

 

 

教会です。

今まで見た海外の教会のなかで一番素敵だと思いました。

この教会もすごく斬新なのに、バリっぽさがありますよね。

右は正面から見た写真です。フランジパニの間を通り抜けていきます。

 

近くから見るとこうなっています。

リッツカールトンバリと同じように向こう側は海です。

 

この教会にも彫刻がありました。

白い石と彫刻、合いますね。

本当に素敵な教会でした。

アプルバケンピンスキー・バリ

バリ島の研修旅行の続きです。

今日は、アプルバケンピンスキーのご紹介です。

ケンピンスキーは日本にはないホテルなので、

私も最初は??だったのですが、ドイツの高級ホテルで

世界中に展開しているそうです。

アプルバケンピンスキー・バリは2019年2月にオープンしたばかりの

新しいホテルです。

 

入口です。

ここにもペンジョールが飾られていますね。

このアーチトンネルを抜けると…セキュリティチェックを受けます。

ここに泊まっているわけではないので、「カフェしたい」と言って入らせてもらいます。

 

アーチを抜けた先は、こうなっています。

建物の上の花はブーゲンビリアです。

 

アラジンの魔法のランプがいっぱい?

 

アーチの横にあった柱(?)です。

ここのホテルはバリの王宮をイメージしたデザインだそうです。

 

フロントです。

ものすごく天井が高くてびっくりしました。

ソファのサイズからこの天井の高さ、わかってもらえるでしょうか?

今までで見たどのホテルよりも天井が高かったと思います。

この彫刻もすごかったです。

 

そして、フロントからの景色です。

圧巻の景色ですね。

右側の建物(こちらも屋根にブーゲンビリアが植えられています)の

さらに右側に、先日ご紹介したリッツカールトンバリがあります。

そう!!お隣さんなんです。

なので、同じようにフロントが一番高いところにあって、

ホテルの敷地全体を見下ろすように作られています。

 

「カフェに行く」と言ってセキュリティチェックを通り抜けてきたので、

ここからカフェまで案内されました。

真ん中に見えている建物がカフェ(レストラン)です。

 

次回はこの下に降りて行った様子をご紹介します。

 

 

街を見晴らせるデッキ(完工編)

今日は、先日ご紹介したデッキの完工編です。

 

下のデッキは完成して、上のデッキを組み立てているところです。

 

真横から見るとこのようになっています。

斜面をうまく利用しているのがわかると思います。

 

下のデッキは洗濯物干しスペースなのでフェンスは横ビームでしたが、

上のデッキはくつろぎのスペースなので、フェンスはアルミ鋳物の

ラフィーネフェンス3型です。

 

完成写真です。

街を見晴らせるデッキで、このチェアーに座って読書タイム。

素敵な時間が過ごせそうですね。

 

何も利用されていなかった斜面が有効活用されました。

街を見晴らせるデッキ

今日は、バリ庭園…ではなく先日お引渡しさせていただいた

西宮市のリフォーム現場のご紹介です。

 

ビフォー写真です。

家の後ろ側が斜面になっていて、何も利用されていない状況でした。

上の写真ではわかりづらいですが、街を見晴らせる場所なのに、

もったいない現状でした。

 

そこで、樹脂デッキを取付けました。

勝手口から出て、ここは洗濯スペースです。

2本だけ長い柱がありますが、ここに物干し竿がかけられます。

樹脂デッキはLIXILさんの樹ら楽ステージ木彫、

フェンスはウッドパーティションの横ビームパネルです。

 

さらに上にデッキを作っています。

 

上のデッキから見るとこのようになっています。

 

斜面を利用して、2段のデッキです。

 

このステップを使って、1段目のデッキから2段目のデッキに上がります。

上がったところには井桁格子の開き戸を取付けました。

 

続きはまた次回ご紹介します。