ロートアルミ門扉

今日は、先日お引渡しさせていただいた西宮市の外構リフォームのご紹介です。

 

↑ まずはビフォー写真です。

ロートアイアンのおしゃれな門扉ですが、錆びてきてしまったとのことで、

取替えしたいけど、今度は錆びないほうが・・・ということで、

ロートアルミの門扉をご提案させていただきました。

 

↑ アフター写真です。

門扉のデザインは気に入っていらっしゃったので、同じデザインで

小松物産に作ってもらいました。

パナソニックの宅配ボックスも設置しましたよ。

 

↑ 門扉内側からのビフォー写真です。

 

↑ アフター写真です。

 

↑ アプローチのビフォー写真です。

 

↑ 洗い出しだったのを、モザイク石貼りにしました。

四国化成のデザインストーンです。

天然石のアプローチにすることで、より高級感が出ましたね。

 

地すべり資料館

昨日の続きです。

 

ヤマツツジです。

花言葉は「燃える思い」だそうです。

納得する色と花付きですね。

近畿では葛城山のヤマツツジが有名です。

山全体が真っ赤に染まりきれいですよ。

めちゃくちゃ混雑しますが…。

 

こちらドウダンツツジです。

同じツツジでもヤマツツジとは印象が全然違いますね。

こちらの花言葉は「上品」だそうです。

ドウダンツツジは秋の紅葉もおすすめです。

 

最後はコデマリです。

まだ蕾ですが、芝桜の後で、きれいな花を咲かせてくれそうです。

地すべり資料館

先日に引き続き、仁川百合野町の地すべり資料館の

植栽のご紹介です。

 

ライラックです。ヨーロッパ原産の落葉樹です。

ライラックとは英語名で、フランス語ではリラです。

花びらは普通4枚なのですが、ときどき5枚のものがあり、

「ラッキーライラック」といって恋のおまじないに使われるそうです。

 

エニシダです。開花期を調べると5月から、と書かれていましたが、

もうこんなに咲いていました。

マメ科の低木です。

 

アジュガも咲いていました。

日陰でも咲くので、このように樹の根元に植えるといいですね。

常緑で、花がないときはグランドカバーとして使える優秀な宿根草です。

 

続きはまた明日。

 

 

地すべり資料館

昨日は、仁川百合野町にある地すべり資料館まで散歩に行って来ました。

 

目的はこれ、芝桜です。

ちょうど見頃を迎えていました。

 

 

この芝桜、ボランティアの方が管理されているそうです。

駐車場はありませんが、無料で入れます。

昨日もたくさんの人が見に来ていました。

 

 

芝桜の他にも、色々な花が咲いていましたよ。

まずは、ハナズオウです。

満開ですね。

ハナズオウはマメ科の落葉樹です。

葉より先に花が咲き、このようにたくさんの花を咲かせるのですが

花の後につくハート形の葉もかわいいですよ。

 

他の花はまた後日ご紹介しますね。

 

 

 

 

 

蘇州園

昨日に引き続き、女性限定セミナー参加の報告です。

 

 

 

このような場所から、日本庭園が眺められます。

家具も、この建物に合うようにデザインされたオーダーメイドだそうです。

 

外から見るとこのような建物です。

左の樹はモミジです。

ちょうど新緑の季節できれいでしたが、紅葉の時期もきれいでしょうね。

 

最後に三協アルミさんの新商品の紹介です。

マクリズムという商品で木調アルミ製品です。

ガラスパネル部分にはLED照明が内蔵されています。

その他の新商品で気になったのは、カーポートのスカイリードと

フェンス併用ブロック笠木のフィオーレです。

さすがにカーポートの展示はなかったので、6月の関西エクステリアフェアを

楽しみにしたいと思います。